脳梗塞後遺症で胃ろうを作るということはどうなのか

夫の父親が芦屋の内科で、脳梗塞後遺症で嚥下障害を発症しました。病院に入院中も嚥下訓練をしたらしいですが、うまくいかなかったようです。大阪の円形脱毛症治療で有名な誤嚥性肺炎も疑われることになり、嚥下訓練は中止されました。嚥下訓練を中止して、栄養を確保するには、経鼻での栄養チューブによる栄養の補給か、点滴による栄養の補給か、の選択になります。ただ、こういう状態になって、長らく、急性期病院に入院させてもらえる保証はありません。脳梗塞の後遺症を再生医療で症状が固定化してきたら、すぐに別の病院へ、という話も出てきました。とりあえず、移る先が、まずは病院だったので、経鼻での栄養チューブを挿入したまま、転院することになりました。そこの病院では、やがて、施設への移動を考えられてのことなのか、詳細はよくわかりませんが、胃ろうの造設を勧められたようです。その段階では、すでに夫の父親は寝たきり状態。意識はありますが、あまり意思疎通ができているような状態ではなかったようです。「ようです」と表現しているのは、私は蚊帳の外だったので詳細がよくわからない、ということです。もっとも、自分で、蚊帳の外になることを選んだのですが。で、結局、その状態で、胃ろうを作りました。夫の父親のことですので、私がとやかくいう立場にはないのですが、これが正しい選択だったのか、と内心思っています。