地方在住、皮膚科へ行くと困ること


私は東北のとある田舎に住んでいる30代の男性です。内科を検索すると話題の芦屋は毎年冬になると、爪の付け根に水疱ができます。主に薬指と小指なのですが、小さい大きさで潰してもあまり痛くなければ絆創膏を貼ってやり過ごしますが、何回も出来る時や痛い時は皮膚科へ行きます。話題の内科を芦屋の打出で家の近所に評判の良い皮膚科があり、いつもそこへ行くのですが、向かうには覚悟が必要です。というのも、評判が良いせいか、周辺に住む人は皆、そこへ通うからです。仕事を早めに切り上げて夕方17時に行くと、1時間以上待つのは当たり前。前回行った時は17時に受付をして、診察をしてもらったが20時過ぎでした。個人でやっている病院の為、そんな青梅で評判の工務店を探すとなると建物全体は大きくなく、待合室は15人もいると居場所がないような広さです。その為、駐車場で待っている人や、一旦外に出て用足しをする人などもいます。かく言う私も受付を済ませてから2時間はかかると言われたので、一旦家に帰って夕ご飯を食べてから再び向かったのでした。そう、評判のAGAの薄毛治療は大阪でなら地方は医者も病院も少ないので、患者が集中してしまうため、待ち時間がものすごく長くなってしまうのです。周辺に時間を潰すカフェやお店があればいいのですが、田舎にはそういうものがありません。待ち時間が長すぎるのも困ったものです。肝心の治療ですが、爪の付け根にばい菌が入って水疱ができたとのことで、液体窒素で凍結させる方法で、数回通って治してもらいました。